くいしんボッチのペロペロ日記

旨い物の為にタクシーに乗り、旅の為に仕事をする、タイを拠点とする食いしん坊のボッチが様々な情報をお届けします。

MENU

【ザ メモリー アット オン オン ホテル】女子旅にお勧め 胸キュンのかわいいブティックホテル♡

f:id:kuishin-bocchi:20200702230401j:plain

一応食いしんボッチは性別は女性でございまして、時々素敵なものに反応したりするんですねー。

そんな食い気しかなさそうなボッチが、わざわざプーケットタウン まで泊まりに行った理由はたった1つ!!ここに泊まる為でございました〜。

 

Instagramでお世辞抜きでだいぶ好きなアカウントの方が投稿されてて、マジで行きたいぜよーー!ってなったわけです。

わたしは知らなかったんですけどね、レオナルド ディカプリオの映画「ザ・ビーチ」の撮影場所でもあり、宿泊もしたってゆう話。

YouTubeで撮影に使われたところを観たけど一瞬だったわね。

100年以上建っているホテルとは思えないほど、状態も良くて素敵だったわぁ〜♡

 

宿泊したのは、コロナが流行り出した頃。ロックダウン前でまだ欧米人の観光客も多かったです。

こんなご時世だけど、ホテルの運営は大丈夫?と聞いたら、「お陰様で今日も満室です!」って。良かったわ。

 

さぁ〜て、こっからは皆さんに胸キュンしていただきましょう!

素敵な写真ご覧あれ〜。

 

sponsored link 

 

1927年に建てられたプーケットで一番古いホテル

f:id:kuishin-bocchi:20200702231157j:plain

ホテルの看板を見ると、タイ語でも英語でも『On On Hotel』と書いてある。

The Memory at...の部分は後から付けられた名前みたい。

真っ白な外観は、なんともプーケットタウンらしい♡

 

f:id:kuishin-bocchi:20200702231122j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200702230416j:plain

一歩ゲートを潜ると、外観からは想像できない広い空間が広がっています。

もうね、うっっっとりしますよ。

家具の配置や、空間の使い方が贅沢で、一生ここに座っていられると思った。(いつもの大袈裟なやつ)

 

f:id:kuishin-bocchi:20200702231411j:plain

階段の途中からレセプションを撮影したもの。

実際は夜到着したんだけど、語が堪能でユーモアのある男性が迎えてくれて、よくよく聞いたらフィリピン人だった。

 

そのとき欧米人の宿泊客が、到着時にくれるココナッツキャンディーが美味しいから、もっとくれよと言いにきていて、「わたしもこの位厚かましく生きなきゃならんな」と尊敬の眼差しでみていたんです。

レセプションの兄ちゃん、ニコッと笑って数個掴んで手渡して、サービスええなぁーと思ったら「1つ2バーツなので全部で8バーツになります」だって!

欧米人の客、え!?ってなってたけど、すかさず「冗談冗談w」って。

フィリピン人って本当に明るい人種よねー。

 

sponsored link  

 

客室の様子

f:id:kuishin-bocchi:20200702230936j:plain

客室の入り口はこんな感じ。

建物が古いから隣の部屋からの騒音とか聞こえたら嫌だなーと思ったけど、静かなもんでした。

 

f:id:kuishin-bocchi:20200702231537j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200702230738j:plain

部屋のタイプは色々とあるものの、わたしが泊まりたかったのはこのブルーのジュニアスイート。

予約サイトで予約した後、直接Facebook経由で「今サイトから予約した食いしんボッチって者だけど、ブルーの部屋が空いてたらそこに泊まらせてちょうだい!」と連絡して、手に入れたブルーのお部屋。

現地に行って気がついたけど、客室はそこそこあってブルーの部屋がここだけじゃないみたい。

 

昼間の写真は、朝起きてベッドを直してから撮ったもの。

下の写真は、到着時。わたしの名前が書かれたウェルカムカードがありました♡

 

f:id:kuishin-bocchi:20200702230837j:plain

洗面台とシャワー。

アメニティーもシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが揃っています。

これがね、いい香りなの♡

歯ブラシと髭剃りは、レセプションに言えばもらえます!

 

f:id:kuishin-bocchi:20200702231043j:plain

プーケットのカフェ「Hock Hoe Lee」のブレンドコーヒーが部屋で飲めます。

こうして地元で助け合う経営方針も素晴らしいと思う。

 

f:id:kuishin-bocchi:20200702231052j:plain

冷蔵庫の物は全てあなたのもの〜♡

結局どれも飲まなかったけど、無料のミニバーって本当に嬉しいものよね!

 

sponsored link  

 

スナックルーム

f:id:kuishin-bocchi:20200702231105j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200702231657j:plain

2階には客室の他にスナックルームがあるの。

外が暑かったけど、スナックルームはエアコンが効いてて極楽。

美味しいお菓子とジュース類もあって、ここは一生いられるよね〜。

 

sponsored link 

 

朝食は可愛いLady Cocoでどうぞ

f:id:kuishin-bocchi:20200703002645j:plain

実はですね、先日ブログにも書いたお店『Lady Coco』の店内とホテルが通路で繋がっていてですね、なんとLady Cocoで朝食を食べられるのです!!(別料金)

めっちゃ美味しいし、可愛いのよこのお店♡

宿泊者特典で、10%引きくらいのバウチャーがレセプションにありましたので、行く際はもらっていってね。

↓Lady Cocoの記事はコチラ↓

sponsored link  

 

ホテル情報

チェックイン:14時

チェックアウト:12時

ベビーベッド:無料

ボッチ予約時の価格: ジュニアスィート1890THB(平常時価格)

 

このホテルに泊まったら、ここにも食べに行ってね!