くいしんボッチのペロペロ日記

旨い物の為にタクシーに乗り、旅の為に仕事をする、タイを拠点とする食いしん坊のボッチが様々な情報をお届けします。

MENU

【ヤオヤイ島・サンティア リゾート&スパ】行き方解説!大自然を感じる感動のホテル滞在記

f:id:kuishin-bocchi:20220421004723j:image

タイのソンクラーン休暇は、ヨーシ旅するぞ!と3箇所巡ることに決めたんです!

色々調べるとバンコク→地方のエア便があっても、地方→地方のエア便が少なく、結局ボートを使って3箇所移動できる「ライレイビーチ(クラビー)→ヤオヤイ島→プーケット」に行くことに決定!

このルートかなりお勧め!

 

今回ヤオヤイ島で泊まったホテルが感動的だったので、ブログ書きたい気持ちがムクムク!

さっそく記事にしちゃいますわよー!

【Santhiya Koh Yao Yai Resort & Spa】

5スターホテルなのにお安いんざます!

安いけど、ホスピタリティがまた素晴らしい!

何かお願いするとokカー!ダイカーの代わりに、certainlyとかabsolutelyと返ってくるし、話しかけられる時もエッキューズミーカーの代わりにsorry to disturb you...と言われるww 

綺麗なホテルだなぁと思ってだけど、期待値を遥かに超える素晴らしい体験、紹介しちゃいましょー!

 

 

sponsored link

 

雰囲気

f:id:kuishin-bocchi:20220421004728j:image

クラビーからボートで到着すると、北端にあるリゾートから40分くらいのピアに到着する。

ソンテウが待機していて、1人THB300だった。

島の風景を見ながら移動するんだけど、とにかく田舎。

住人の9割はムスリムで、漁業が盛んな島らしい。

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421004738j:image

ホテルに到着すると、ホテル専用のソンテウが迎えてくれるよ。

リゾートテーマパークのようなこのホテル内、全てこのソンテウが巡回していて毎日利用します。

f:id:kuishin-bocchi:20220421004731j:image

ホテル入り口

この先に見える景色の感動は、ご自身で〜♡ってことで、載せないでおきますわね!

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421093048j:image

ソンテウに乗って部屋へ向かいます。

こーんな急な坂を登るの。

ここから見える景色も素晴らしい。

歩いたら、いいエクササイズになると思うんだけど、暑いからついソンテウで(笑)

 

お部屋の雰囲気

わたしが泊まったのは、シュープリームデラックスという1番下のランクのお部屋。

それでも広さが60平米あって、安っぽさなど微塵も感じさせない豪華さに感動だった。

これでこんなに豪華なんだったら、上のランクの部屋はどれだけゴージャスなんだろう?

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421004740j:image

シュープリームデラックスベイビュー 60sqm

シュープリームデラックスには、ベイビューとシービューのカテゴリーがあって、わたしは一泊ずつ泊まってみました。

だってAgodaが別々の部屋を予約した方が安いよってお薦めしてくるんだもん(笑)

 

デザインは基本的に同じだけど、もしこの2つのカテゴリーで選ぶなら、断然ベイビューをお勧めします!

理由は、バルコニーからの景色はほぼ変わらずなのに、ベイビューの方がお部屋が広々していたのと、キッチンが付いていたから。

それにお値段も若干ベイビューの方が安かったと思う。謎。

でも、わたしが次に泊まるなら、絶対シーウォータープールヴィラ!

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421004746j:image

バルコニーからの眺めが素晴らしい!

ベイビュールームとシービュールームの眺めはほぼ同じ。


f:id:kuishin-bocchi:20220421004734j:image

このバスタブに沈み、海を眺めるのが最高だった!

そして忘れてはいけない、右手にはビールね(笑)

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421004743j:image

姿見鏡と化粧用にも鏡がある。

テレビは小さいけど、ミュージックプレイヤーが付いているのは高評価。

 


f:id:kuishin-bocchi:20220421004939j:image

f:id:kuishin-bocchi:20220421004935j:image

f:id:kuishin-bocchi:20220421004941j:image

そして兎に角、木のインテリアのこだわりがすごい。

ランプも装飾もなんと洗面台に付けられた扇風機までが木目調!

 

sponsored link

 

 

プールエリア

テーマパークのような大きさのホテル。

プールは2箇所。

大きなプールと小さなインフィニティプールがあります。

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421005118j:image

ロビーのあるメインエリアにある巨大なプールでは、おこちゃま達がキャッキャ楽しんでいました。

広いから子供もうるさくしても気にならないし、大人も子供も楽しめる感じ。

 


f:id:kuishin-bocchi:20220421004723j:image

f:id:kuishin-bocchi:20220421005230j:image

一方、インフィニティプールは完全に大人の雰囲気漂う。

ロマンチックが止まらないんです(笑)

サンセットを眺めながらプカプカ浮かぶのは至福時間。

これだけでここに来たかいがあったわ。

勿論おこちゃまもいたので、ご安心を。

 

ビーチエリア

f:id:kuishin-bocchi:20220421005801j:image

透明度はそこまで高くはないものの、白い砂浜と合わせて満足はできる感じ。

季節や天気によっても違うんだろうけど、夕方より朝の方が透明度高かったですわ。

カヤックやサップなど、無料で貸し出ししています。

ただカヤックは、岩や洞窟など目標物がないと意外とつまらないので、サップが楽しくてお勧め。

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421005758j:image

プライベートの港では、夕方からサンセットカクテルタイム。

シートが用意され、全て予約席になってる。

フロント近くのレストランで予約を受け付けていましたー。

 

sponsored link

 

 

朝食ブッフェ

f:id:kuishin-bocchi:20220421005341j:image

朝食のブッフェはかなりの数があり、エッグステーションでは、エッグズベネディクト等シャレオツなものが並んでて萌え。

 

f:id:kuishin-bocchi:20220501203851j:image

キノアのサラダなんてものがあったので、時々女性らしくなってみる笑

但し、卵好きは卵1個じゃ足りんってことで、半熟の目玉焼きを2つ。

マイスック(半熟)ね!とタイ語でも念押しw

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421005344j:image

てけてけてけ〜

朝から癒される生演奏あり。

ゴージャスな景色と癒しのメロディのコラボは極楽でござます。

 

f:id:kuishin-bocchi:20220425021347j:image

更に驚いたのが、朝食時5分の無料のマッサージをしてくれたこと!

1日目食べ終わって戻ったらいなくなってたので、見つけたら即してもらうことをお勧めしたい!

2日目は無事にマッサージして頂きました♡

とっても上手!

 

スパマッサージ

f:id:kuishin-bocchi:20220421005435j:image

お部屋にプロモーションのチラシがあったので、マッサージを予約しました。

90分1199バーツで、ホテルにしてはとってもお得!

1組ずつ施術が受けられるように、1棟ずつ木造の建物が用意されてて気分もアゲアゲなり。

マッサージ師さんもかなり上手で、大満足!

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421005432j:image

施術後は、美味しいパッションフルーツのパンナコッタを出して頂きましたよ。

もうこのホテル最高過ぎる♡

 

ホテルの周辺

●レストラン

ホテルのブッフェも美味しそうだったけど、Googleマップ高評価のお店が気になって行ってみたら、もう大正解!2日連続で行きました。

【Isaan Fine Restaurant】

Googleマップ

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421010030j:image

2日目に行ったら、覚えててくれて満面の笑で手を振って迎えてくれたよ。

本当素敵なホスピタリティ♡

リゾートから徒歩数分で行けるし、なんと蛍が数匹遊びに来て飛んでいて感動〜!

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421010027j:image
f:id:kuishin-bocchi:20220421010024j:image

海外含めあちこちのホテルで働いていたウドンタニ出身のシェフが腕を振るいます。

お子様用にも辛くないように作ってくれます。

味はどれもこれも全部最高に美味しい!

ヤオヤイ島の名物、ホタルイカのイカ墨スープも素晴らしい。

 

●商店街

ローカルの商店やツアーカウンターはホテルの外にある。

タバコやアルコールもこの商店が並ぶエリアで買えるよ。

ビーチ沿いに歩いて、10分弱。

f:id:kuishin-bocchi:20220501231030j:image

 

sponsored link

 

 

アクセス

わたしは、ライレイビーチ(クラビー)からアクセスしたけど、ホテルへ直接向かうならプーケットから行くのが1番便利。

<行き方は2通り>

●プーケットからホテル専用ピックアップ

(チェックイン5日前までに事前予約)

プーケットの空港からアオポー・グランドマリーナ桟橋まで車で30分、そこからボートで20分

空港ピックアップ: 10.00, 12.00, 15.00

専用スピードボート: 11.00, 13.00, 16.00  

Ao Po Grand Marina pier → Santhiya Koh Yao Yai Resort

復路スピードボート: 10.00, 12.00, 15.00(繁忙期は1日5便に増えます)

 

●クラビーから

クラビのライレイビーチイーストからボートが出ています。

ライレイイーストのピア(Googleマップ)から1時間。

その辺のツアーカウンターで前日に予約。

片道800バーツだったけど、他のカウンターで700バーツで販売されてて涙。

色々聞いて回るといいと思うわ。

ボートは途中アオナンのピアも寄ったので、アオナン周辺に泊まる方はツアーカウンターで聞いてみて。

f:id:kuishin-bocchi:20220421004726j:image

 

 

f:id:kuishin-bocchi:20220421005912j:image

これがホテルプライベートボート!

今まで欧米人と共にギュウギュウに乗るスピードボートにしか乗ったことがなかったから、リゾートのプライベートスピードボートに感動!

こんな美しいボックスシート、見たことないわw

 

ホテル情報

チェックイン:15:00

チェックアウト:11:30

ベビーベッドのリクエスト無料

エクストラベッド:THB2500