くいしんボッチのペロペロ日記

旨い物の為にタクシーに乗り、旅の為に仕事をする、タイを拠点とする食いしん坊のボッチが様々な情報をお届けします。

MENU

【Kurua Porn Lamai】ヤワラー バンコク中華街に行くなら絶対ここがお勧め!

f:id:kuishin-bocchi:20181023220840j:plain

この日は食べ歩くぞーってことで、ヤワラー(バンコクの中華街)に行ったら、バイクタクシーのワンちゃんに会いました。駅まで乗せてって!!

※バンコクでは、バイクタクシーの運転手はオレンジ色のベストを着ています。

 

今日私がご紹介するのは、日本人にはあまり馴染みがないお店かもしれません。

クンオップウンセン 』が非常に美味しいんです。

ここより美味しい『クンオップウンセン』食べたことないという、わたくし一押しのお店でございますので、是非紹介させてくださいませー。

sponsored link

 

もくじ

 

Kurua Porn Lamai/クルアポーンラマイ

いつもタイ人で賑わっているお店です。

待つときは、30分待ちだよっ!と言われることも多いですので、すんなり席が取れたらラッキーと思ってくださいね。

それくらいの人気店なんですよ。

ヤワラーは外国人観光客が多いですが、ここは、外国人より断然タイ人率が高いです。

ということは、リピーターが多いということですねっ!

 

メニュー

さぁ、ここでお勧めなのはこれ。

  • メニュー5番 – ホイトート(牡蠣のクリスピーオムレツ)
  • メニュー6番 – ラードナー(餡かけ麺のシーフード)鶏・豚も有
  • メニュー7番 – スキヘーン(タイスキの汁なし)
  • メニュー9番 – クンオップウンセン(有頭エビ入り春雨の蒸し煮)

f:id:kuishin-bocchi:20181023224311j:plain

 

注文の仕方

f:id:kuishin-bocchi:20181023230353j:plain

※こちらGoogle mapから失敬

先ずはこのお寺の前 へ行ってください。このお寺の前にお客さんが並びます。

店員さんが忙しそうに注文を取っていますから、人数を伝えるとメニューを渡してくれます。

メニューから注文のする料理を決めたら、店員さんに指差しでオーダーすればOK。

多少の英語は通じますので、ご安心を。

あとは、席に着けば料理を運んでくれます。

 

料理の数々

f:id:kuishin-bocchi:20181023230943j:plain

じゃじゃーん。

これがお勧めのクンオップウンセンです。

食べたら虜になる一品です。

パクチーが嫌いなら上に乗っているだけだから取っちゃえば平気!

sponsored link

 

 

 

f:id:kuishin-bocchi:20181023231202j:plain

鉄板を熱して熱してその上に乗せたジュージューのラートナー。

初めてここへ連れてきてもらった時に、動画の準備せぃ、と言われた位いい動画撮れます。

味は間違いないです。実はここの人気メニューはこれですから。

 

f:id:kuishin-bocchi:20181023231502j:plain

スキヘーンの海老バージョン。

麺づくしですが、大丈夫。(何が)

スキヘーンは、普段から私の好物です。これ美味しいですよね。

 

f:id:kuishin-bocchi:20181023231741j:plain

近くの屋台からで、適当に頼んだものもテーブルで食べることができます。

なんでもOKと言った感じ。

残念なのは、アルコールを常備してないこと。

じゃー行かないわぁ〜・・ってなりますか?

そんな時は店員さんに聞いてみてください。私がビールないの?って聞いた時は、店員さん「オッケー買ってくる!」と言ったくせに見事に忘れられたのですが、ラッキーなみなさんなら大丈夫かも♪

 

店舗情報

f:id:kuishin-bocchi:20181023233827j:plain

写真ひどく見にくくてすみません。

この写真は、店員さんがオーダーを取っているお寺の前からの写真。

道の右端と左端にテーブルがずらっと並んでいます。

この立っている人たちは順番を待っている人たち。 

営業時間:18:00〜午前2:00

定休日:月曜日

英字記事ではよく紹介されています

ここを紹介している日本語の記事を見たことがないのですが、実は英字記事では結構取り上げられているんですよね。

ヤワラーのストリートフードとして、バンコクのEnglishスピーカーにはよく知られたお店なのかもしれないですね!

sponsored link

 

 

たくさん記事はありましたが、参考までに下記2つ貼っておきます。

下記も参考にされて、是非是非みなさん食べてみてくださいっ!

www.bangkok.com

www.streetsidebangkok.com