くいしんボッチのペロペロ日記

旨い物の為にタクシーに乗り、旅の為に仕事をする、タイを拠点とする食いしん坊のボッチが様々な情報をお届けします。

MENU

【Fatboy Izakaya】遊び心満点の最高に楽しい居酒屋!

f:id:kuishin-bocchi:20230113145711j:image

またまた最高に楽しいお店を見つけて、めっちゃ上機嫌なボッチです、こんばんみ。

(また始まりました著作権侵害wサーヤさんすみません♡)

最近オープンして気になってたお店なんですが、超良かったんですよ!

 

今回ボッチを上機嫌に仕上げてくれたお店はコチラでございますッ!

【Fatboy Izakaya / ファットボーイ居酒屋】

 

シーロムにあったお寿司屋さん「Fatboy Sushi」が生まれ変わってオープンした居酒屋です。

ポップで楽しい雰囲気が特徴なんだけど、雰囲気重視ではなく、ちゃんとフードのレベルも高いから更に気に入っちゃったわけ♡

 

ここFatboyのキャラクターのモデルになっているオーナーさんと実際に話したんだけど、実は前にブログに書いたKim Jeong Grill (ブログはこちら) のオーナーなんだって!

ってことは、先日書いた【Mod Kaew Wine Bar】 のオーナーの1人でもあるじゃーん!

って興奮して、アータのこと何でも知ってるわよ!的なストーカーアピールしときましたw

確かにこの3店舗、ウィットなアートセンスが一致するもんね!

↓先日書いたお勧め記事も貼っておくわね↓

 

sponsored link

 

 

お店の雰囲気

f:id:kuishin-bocchi:20230113150727j:image

場所はエカマイの人気北タイ料理店 ホームドゥアンや、The Sparrow Pizza Studioがあるエリアの一角にオープンしています。

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113150731j:image

壁一面のマンガや日本のフィギュア、力士のピクセルアートが、わたし達のような「いつまでも大人になれない大人たち」の心をくすぐってくる。

お店に一歩踏み入れただけでもう既に楽しい!

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113151154p:imagef:id:kuishin-bocchi:20230113151147j:image

この日テーブル席は予約で埋まっていたので、カウンター席を予約しました。

カウンター好きだから、ノープロブレム。

 

なーんかさ、ハリウッド映画に出てくるファンタジーの日本と言うのかな、ファミコンの世界感と言うか、日本人だからこそ感じる違和感とポップで最高に楽しい雰囲気に完全にヤラレタ!

 

2階にはバルコニー付きのプライベート空間の席もあるみたいだよ。

 

メニュー

f:id:kuishin-bocchi:20230113093522j:image
f:id:kuishin-bocchi:20230113093525j:image

こちらはドリンクメニュー!

すごい種類じゃない??

 

でもね。。

ブロガーとして、また自分の底辺さが露わになりましたー。

今回はフードメニューの写真を撮り忘れ!

ってわけで今回食べた料理の価格が分からないんだけど、また来週行く予定なので記事を更新するからいいよね?ね?

一応フードは、200〜350バーツの価格帯が多かった記憶。

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113152551j:image

フードの注文はこの紙にチェックを入れてスタッフに渡す仕組み。

スタッフはみんな英語が堪能で、かなり詳しく料理の説明をしてくれました。

よく知っていて好印象♡

 

sponsored link

 

 

いざ実食!!

f:id:kuishin-bocchi:20230113151743j:image

豚モツ串

さて、大好きな腸モツから始めましょう♡

カリっと焼かれた外側と弾力あるモツ。

臭みもなく量もちょうど良く美味しい。

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113151746j:image

ポークベリー串

豚バラ串はあまり期待してなかったんだけど、絶妙な塩加減と肉肉しさが、激ウメーイ!

これはいい意味で裏切られた♡

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113151750j:image

にんにくの芽ごま炒め

卵好きとしては、卵の文字を見逃さなかった!

実際は味は結構普通で、箸休めにいい感じ。

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113152323j:image

お好み焼きプーティンフライ ฿240

粉物、お好み焼きをこよなく愛する日本代表のボッチ!

フライドポテトにかかったグレービーソース、チーズ、それにお好み焼きの味付けが病みつきで箸が止まらない!!

超好き♡

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113151753j:image

クリームチーズとウナギロール

寿司に定評があるお店だし、でもクリエイティブなところも見たいよね!ってことで頼んだのがコチラ。

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113151757j:image

ハールブルクブラックペッパーグレイズ

スタッフに、サプライズで私たちに何か選んでくれない?と言ってお願いしたら出てきた1品目。

かわいい彼女のお勧めはコチラでした!

 

ハールブルクはドイツの都市名だから、ドイツ料理からインスパイアされてるってことかな?

要は肉団子なんだけど、これがさー!濃厚かつ肉のウマミじゅわーって感じで美味しかったんだ。

ナイスチョイス♡

 

f:id:kuishin-bocchi:20230113151800j:image

銀ムツ西京漬け(タラかな?w)

スタッフに、私たちに何か選んでくれない?と言ってお願いしたら出てきた2品目。

 

なかなか渋いとこ突いてきたし、この子ちゃんと料理の美味しさ分かってるよね。

感心しながら、しっかり美味しく頂きました!

 


f:id:kuishin-bocchi:20230114013124j:image

f:id:kuishin-bocchi:20230114013213j:image

f:id:kuishin-bocchi:20230114013131j:image

カクテルもクリエイティブで美味しい。

 

ただ、グラスにスパイス的な粉や色を付けるなら、柄の部分を持つ背の高いものじゃないと手が汚れるよね。

こういった寸胴のグラスなら、ガラスの縁にだけ付けないと。

持論ですが、カクテルに力を入れるなら小さなことも拘る必要があると思うんだよね。

 

ボッチ一言

まだオープンして間もないからか、タイ人オーナーさん(強面だけどめっちゃいい人♡)各テーブルを回って挨拶されてたよ。

よくある欧米文化の「料理はどう?問題ない?」という声かけだけでなく、腰を据えて話してくれる姿が教養のあるビジネスマンって感じで素敵だった!

話し上手な男性は多いけど、聞き上手な部分も兼ね備えた人って魅力的だよね。

 

肝心の料理は全体的にカジュアルな居酒屋メニューだけど、一捻りした面白みがあり、味もちゃんと追随していて大満足でございました!

皆さんにも是非行ってみてほしいー!

 

それから、シーロムのFatboy Sushi は現在改装工事中で、今後「Fatboy ラーメン」としてオープンするらしいので、ラーメン好きさんは今後に注目でございます!

 

さてさて終わりの時間。

さようなら。

またどこかで~。

 

sponsored link

 

 

店舗情報

営業時間:17:00-24:00

定休日:火曜日

HP:Facebook