くいしんボッチのペロペロ日記

旨い物の為にタクシーに乗り、旅の為に仕事をする、タイを拠点とする食いしん坊のボッチが様々な情報をお届けします。

MENU

【The Scent Hotel/サムイ島】素敵な香りとノスタルジックな雰囲気に包まれる♡

f:id:kuishin-bocchi:20200730205743j:plain

7月後半のタイの4連休は、インスタ一面がリゾートの写真になっていていましたねー。

食いしんボッチはですね、パンガン島に行っていたのですが、バンコクへ戻る前に、うちの娘との思い出の地「サムイ島」で、以前娘と訪れたことのあるホテルに一泊してきましたー。

そのホテルとは。。

アロマブランドで超有名なカルマカメットが2007年10月にオープンしたホテルなんざます。

 

その当時は「カルマカメット アロマティックホテル」という名前だったんだけど、2009年からは「ザ・セントホテル」という名前のホテルになっています。

現在は経営者が変わっているみたい。

 

わたくしが初めて訪れたのは、2010年。(宿泊はしておりまへん)

うちのかわい子ちゃんがまだ小学生だった頃に一度覗いたホテルなんですけど、雰囲気がと〜〜っても素敵で忘れられなかったんです♡

今回は、たった15室のホテルに、友達3人で1人1部屋ずつ贅沢に宿泊してまいりましたー!

もう10年も経って老朽化しているんじゃないかと心配しましたけども、行ってみたら、ちーーーっとも変わらず、うっとり空間♡

それもきっと、1940〜1950年代のコロニアルスタイルを細部までこだわって設計されているから、ノスタルジックな雰囲気が月日が経ったのを感じさせないんだと思う!

 

sponsored link 

 

ロケーション

わたくしがサムイに行くと何故か泊まることの多いボプットエリアにこのホテルもあります。

サムイ空港からは、車で10分。

フィッシャーマンズビレッジというオシャレなマーケットエリアまでは、車で3分。

足さえ確保できれば、なかなか便利な場所なのよね。

ビッグブッタも近いしね。

サムイはタクシーが高いから、スクーターを借りるのが1番ですよー。

 

 

ホテルの雰囲気 

f:id:kuishin-bocchi:20200730205925j:plain

秘密の入り口のような、エントランス。

GPSでホテルの場所を確認しながらじゃないと 通り過ぎてしまうので、お気をつけあそばせね!

 

f:id:kuishin-bocchi:20200730210111j:plain

ホテルに一歩入るとアロマのい〜い香り♡

カルマカメットのアロマ製品も販売されてる。

 

チェックインするロビーで、ウェルカムドリンクを頂きながら、女心をくすぐる内装にテンションが上がって抑えられずー!!

10年前の印象と全く変わらずーーー♡

 

f:id:kuishin-bocchi:20200730210403j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200730210242j:plain

木製のエントランスドアから入るとアンティークの装飾と、緑溢れるプールサイドが出迎えてくれる。

そして、目線の先にはビーチも見える。

ふぁーー♡

ため息しか出ない。

 

f:id:kuishin-bocchi:20200730210651j:plain

プールは夜な夜なスタッフが丁寧に時間をかけて清掃していましたよー!

虫もゴミも浮いていなかったもん。

チビのわたしでも足がつくし、水温も冷たすぎず、あまりの居心地の良さに長い時間泳いだ。

 

sponsored link 

 

客室の様子

客室のテーマは、タイ・中国・ヨーロッパの3タイブ。

お勧めはやっぱ、ヨーロッパタイブのお部屋かなー!

 

f:id:kuishin-bocchi:20200730211842j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200730212414j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200730212046j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200730212112j:plain

こちらのビーチフロントのヨーロッパ風のお部屋は、65sqmもある広々としていますー。

見せてもらっただけなんだけど、ワクワクドキドキしました。

前日はタイ人のハイソな女の子3人組がエクストラベッドを入れて宿泊していましたよん。

 

f:id:kuishin-bocchi:20200730210758j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200730210851j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200730211317j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200730210943j:plain

こちらは私が泊まったお部屋。入った途端、アロマが焚かれていていい香りー♡

タイスタイルのお部屋なんだって。

タイに住んでいるけど、どの辺がタイスタイルなのか、全然わからんぜよ。笑

どっちかっていうと、古き良きヨーロピアンスタイルと言われた方が納得いく。

 

f:id:kuishin-bocchi:20200730211815j:plain

部屋がダブルベッドしかないので、友達3人とは別々の部屋を取ったんだけど、全てタイスタイルでした。

 

一人の友達は奮発して、ビーチフロントのお部屋。

部屋の作りは変わらないけど、バルコニーが広々していて、安い部屋に泊まった私を含む2人は、高い部屋に泊まった友達の部屋を占領して、2度美味しい思いをいたしました。

友よ、高い部屋に泊まってくれてあんがとよー♡

 

sponsored link 

 

朝ごはん

f:id:kuishin-bocchi:20200730212530j:plain

タイ語が一切書かれていないおしゃんメニュー。

パンケーキやワッフルが大好きな女子の友達横目に、タイを代表する卵ラバーの食いしんボッチは、エッグスベネディクトをチョイス。

男友達は、おしゃんなエッグスベネディクト初挑戦ってことで、彼も同じものを。

ワッフルを選ぶかと思った女子も、最終的にエッグスベネディクトをチョイス!

ってことで、3人仲良くスモークサーモンのエッグスベネディクトを食べることに。笑

 

f:id:kuishin-bocchi:20200730212538j:plain

このエッグスベネディクト、今まで食べた中で1、2位を争う位おいちーーぜ!!

インリッシュマフィンが先ず、外側サクサク中フワフワでやっばい。

バルサミコとイタリアンドレッシングのかかったサラダもキレッキレ!

食パンもフワサクで、珍しいココナッツジャムで食べたら、2枚もペロリ!

コーヒーもこの旅でやっとまともな美味しいものにありつけた感じ。

朝食なしプランもあるけど、ここの朝食食べずして、ここに泊まるべからず!

・・とは言わないけど、是非食べてみて欲しいぞー!

ワッフル女子は、色々なエッグスベネディクト食べて、そこまで大好きな料理じゃなかったけど、ここのはすごく美味しい!!と言っておったよ♡

 

sponsored link

 

ホテルスパ体験 ♡

f:id:kuishin-bocchi:20200731003114j:plainf:id:kuishin-bocchi:20200731003127j:plain

マッサージャーが常駐しているわけじゃないので、希望する人は1時間前には予約が必要どえす。

メニューを見たら、結構高い。タイマッサージ1時間1,200バーツ位。

でも今回は、タイあるあるお得プロモーションで1Buy Get 1 Free!

一人600バーツで済みました。

 

その辺のおばちゃんが来て、適当なマッサージだったら嫌だなーと思ってたけど、チョープロフェッショナルおばちゃんが来た!!

すんごおおおおおい気持ちよかったー♡

 

sponsored link 

 

ホテルINFO

アメニティ:シャンプー、コンディショナー、綿棒、ドライヤー

※歯ブラシなし

部屋数:15部屋

チェックイン:14時

チェックアウト:12時

※アーリーチェックイン・レイトチェックアウト相談可

カヤック:無料

カフェ利用可

全室バスタブ有り

DVDプレイヤー有り

バイクレンタル:ホテルの前の店で200バーツでレンタル可

アゴダの感想を読んだけど、書いてあった下水の匂いや水が茶色等の難点は感じなかったー。

元々ボプットの海は遠浅で濁りがあるから海でガンガン遊びたい人は別のエリアがいいかな。

 

f:id:kuishin-bocchi:20200730215757j:plain